• イベント情報 ハウスマン Q&A 光輝建設株式会社のZEH計画における取り組み 光輝建設株式会社の不動産情報 リンク 北海道ビルダーズ協会 きた住まいる 日本VOC測定協会
人と家計にやさしい『4倍断熱の家』 4つのお約束 施工事例 プラン・価格 光輝建設のシ・ゴ・ト お客様の声

2018.4.27 個性

 

最近、会社でこんな話題がありました。

 

 

「もっと住宅に個性さがあった方がいいのではないか」

 

 

 

考え方は人それぞれあると思いますが、

家を建てるからには、性能においても、デザインにおいてもすべてにおいて自分達が一番に満足出来る家が欲しいと思います。

 

 

家づくりは性能やデザイン両方とも大切ですが、光輝建設では特に住宅の性能を重要視しています。

でも性能がいい住宅と言われても、正直ピンと来ません。(私も最初は全然わかりませんでした^^;)

”断熱性” ”気密性”初めて聞く言葉ばかりで、頭にはいっぱいの”?”が浮かびました。笑

そこにある家に住み、暑ければ窓を開け、寒ければストーブをつける、その中でやりくりをする。

それがごく普通のことで、住宅の性能を考えたことがない人も多いのではないでしょうか。

 

 

ですが、性能というのはとっても重視すべき点なのを知って頂きたいです!

特に寒冷地の北海道では、断熱について考えた方がいい事を知りました。

 

南極や北極のとても寒い場所の人達が着るものって、とても暖かくて熱を通さない防寒具を着ていますよね?

それと同じで、寒冷地の北海道の住宅にも断熱材という防寒具が必要なのです。

 

 

一般的な住宅の断熱材の厚さは、10センチ~20センチくらいが多いかと思いますが、光輝建設では4倍の40センチの断熱材を入れています。これは、寒い北海道の家だから何枚もの防寒具を着ているのです。

 

 

オープンハウスに来てくれたお客様には、「そんなに断熱材を入れる必要ない」と言われたことがあります。

(私もこの断熱について勉強していた始めの頃、そんなに断熱材を入れる必要はあるのだろうかと疑問に思ったことがありました。)

ですが、実際にこの4倍断熱の家を建ててくれたお客様からは、

以前に住んでいた家と比べて、

「年中快適に過ごせる」

「熱が逃げにくいから、家が冷めにくい」

「暖房代が安くすむ」

というお言葉をたくさん聞いて、断熱材の厚さは大切なことがわかりました。

 

 

いくら言葉でそうは言われても、これが本当かどうかは、その家に住んで体感してみないとわからないことは確かだと思います。

なんでもそうですよね!聞くよりも自分で体験してみたほうが早いですよね!

それは、オープンハウスに来て頂き、ご体感頂けたら嬉しいなと思っています!!

 

 

 

でも、性能が良くても、やっぱりデザインは気になるところですよね(^^ゞ

 

「どこの会社の完成見学会に行っても使っているものが同じだから、同じような家に見える」

というお客様のお声も聞きます。

せっかく建てるんだから、私たちだけの一軒家が欲しいですよね!

 

落ち着いた感じのシンプルモダンな家、

モノクロでかっこいいスタイリッシュな家、

ちょっと荒っぽいヴィンテージの家などたくさんのコーディネートスタイルがあると思います!

このデザインというのは、金銭面や構造の事は抜きにして、なんでも出来ることはできます。

 

でも、色や柄を変えるだけじゃあまり差別化されないので、標準仕様で使っているものを変えてその家の個性さをさらに出していけたらいいのではないかと現在、考えています!

 

 

性能では、4倍断熱という光輝建設独自の個性さがあります!

次は、デザインにおいてもさらに個性さを出していき、更なる家づくりの向上を目指していきたいと考えています!

 

(私も住宅のデザインについて、もっと勉強して知識を増やし、お客様の家づくりに貢献できたらいいなと思います(*^-^*))

 

 

似顔絵

 

かとうでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人と家計にやさしい『4倍断熱の家』 4つのお約束 施工事例 プラン・価格 光輝建設のシ・ゴ・ト お客様の声
  • イベント情報 ハウスマン Q&A 光輝建設株式会社のZEH計画における取り組み 光輝建設株式会社の不動産情報 リンク 北海道ビルダーズ協会 きた住まいる 日本VOC測定協会 ダミー