• イベント情報 ハウスマン Q&A 光輝建設株式会社のZEH計画における取り組み 光輝建設株式会社の不動産情報 リフォーム・リノベーション リンク 北海道ビルダーズ協会 きた住まいる 日本VOC測定協会 網走市子育て世代向け支援制度
人と家計にやさしい『4倍断熱の家』 4つのお約束 施工事例 プラン・価格 光輝建設のシ・ゴ・ト お客様の声

2020.2.27 総2階建て住宅のメリット『小清水町リノベーション』*part.4*

 

 

 

こんにちはー!!

 

 

 

最近、網走から小清水の現場へ行くとき

流氷で海が真っ白になっているのを見るのが好きです♩

 

今年は母と流氷砕氷船おーろら号に乗りたいね!と計画を立てていたのですが、

コロナウイルスが流行っているので来年の楽しみにしたいと思います!!

 

流氷が来るとより冷え込んで寒いですが、やっぱり来ると嬉しいですね!

 

 

 

 

さて、小清水の現場状況は外観工事が進みました!!

 

 

既存の住宅では、屋根が複雑な形状だったり、面積が多いと板金工事にも金額がかかってしまいます。

部分二階という1階よりも2階の面積が小さくなっていたり、一部壁が凹んでいるようなデザインは雨漏りなどを引き起こしてしまう原因の1つにもなります。

 

 

 

今回の工事依頼は、「リフォーム」ではなくて「リノベーション」。

住宅の性能を向上させたり、価値を高めたりすることが求められています。

 

 

なので、将来のメンテナンスに余分なコストがかからないように工事を行いました。

予算と相談しながら、総2階建て住宅に造り変えて、屋根の形状は片流れ屋根になりました!

 

 

総2階建て住宅のシンプルな形にすることで、屋根と外壁の入り隅からの雨漏りをなくすことができます。

また、耐震性や断熱・気密性も高くなり、外壁面に凸凹がないことから材料を節約でき工事のコストダウンにも繋がります。

 

屋根の形状も平屋根にすることで面積が少なくなり、板金の材料も減りこちらもコストダウンへと繋がります。

 

 

このように将来のメンテナンスや工事コストを考えて工事を行いました。

 

 

そして、

2階の室内も柱や梁が施工されています。

1階は間取りの変更が少ないですが、2階はまるっきり変更になるので、完成が楽しみですね!

 

 

 

光輝建設では、住宅だけでなくアパート・マンション工事を承ります!

 

以前には、昭和34年に建てられたアパートの1室をリノベーション工事したこともあります(^o^)

ヴィンテージ風に仕上げた1室に生まれ変わりましたので良かったらこちらから見て下さいね☆

 

 

 

 

それではまた(^^)/~~~

 

 

 

 

弊社でご提案している住宅のシリーズをご紹介します!

【4倍断熱の家シリーズ・夢育の家シリーズ 】

 

今まで建設させて頂いたお家のお写真です!

【施工事例】

 

おうちのことならなんでも

【ハウスマン】

 

2020.1.14『小清水リノベーション』北海道の家づくりに必要な資格*part.3*

 

 

 

こんにちはー!

 

 

私、去年の誕生日、両親にダウンジャケットを買って貰いました。

ダウンは持っていなくて今シーズン欲しいなと思っていたので嬉しかったです♪

黒のシンプルなデザインなのですが、私が持っているどのコートよりも暖かいんです!

他に持っているコートはデザイン重視で見た目が可愛かったり形がいいものを選んでいました。

 

 

でも今回買って貰ったのは見た目はこんな感じでいいかなぐらいで選びました。

外で友達と一緒にいるときに友達が「さむい」と言っていても私は「全然寒くない」ということが何度かあったのを覚えています。

ダウンが暖かいことはわかっていましたが、こんなに違うものなんだとやっぱり性能って大切なんだなと実感しました。

 

そして

このダウンとは長い付き合いになりそうです♡

 

 

住宅に置きかえて考えてみると、

どんなに言葉で説明されるよりも実際に体感することができたらお客様もそのお家の性能がわかりやすい。

その場を設けるには、オープンハウスの開催が必要。

なかなか開催することが難しかったり、タイミングの良い時期に合わなかったりするけど、

開催できる時にはお客様たちにもぜひ体感して頂きたいと思いました(^-^)

 

最近は、網走で開催することが減ってきているから

今年はたくさんできたらいいなぁ☆

 

 

さて

 

 

現場に足場が組み立てられています!

今後は外観工事も同時進行で行われていきます(^o^)

外観には変化はありませんが、室内工事は進んでおります!

 

 

解体作業は終わり、床に新しい断熱材の施工をしました。

キレイに収まっています!

隙間があったりキレイに収まっていないとせっかくいれた断熱材の意味がありません。

 

 

 

 

断熱・気密というのは、北国の住宅づくりには欠かせない大事なことです。

 

北海道では、温熱環境要件を備えた住宅等の普及をはかるため、独自に創設したBISという資格があります。

(一社)北海道建築技術協会が講習や認定試験などを実施してくれます。

 

 

 

BISには3種類の資格があります。

 

1、BIS

住宅等の温熱環境要件に関して高度な専門的知識を有し、正しい設計、精度の高い施工方法等を指導できる技術者

 

2、BISーE

住宅等の適切な断熱・気密施工技能を有し、これを指導できる技術者

 

3、BISーM

BISとBISーEの双方を有している技術者

 

 

設計者をはじめ現場で施工をする大工達は、BIS-Mの資格を取得しています。

 

設計する側と施工する側の両方が持っているとお客様にも安心を提供できると思います!

 

これからも断熱性・気密性にはこだわり大切にしていきながら家づくりをして行きたいです(o^^o)

 

 

 

それでは(^^)/~~~

 

 

 

 

弊社でご提案している住宅のシリーズをご紹介します!

【4倍断熱の家シリーズ・夢育の家シリーズ 】

 

今まで建設させて頂いたお家のお写真です!

【施工事例】

 

おうちのことならなんでも

【ハウスマン】

 

2019.12.23  小清水町リノベーション*part.2*

 

 

 

こんにちは!!

 

 

一日早いけど気持ちはもうX’masですね🎄

 

 

みなさんのお家では何を食べますかー?

 

 

私の家ではトマト鍋を食べます♪

私はトマトは苦手なのですが、

鍋なら食べられます!笑

〆のパスタやリゾットがとてもおいしいんですよね(*^^*)

 

 

あと5日頑張れば休みに入るので

今週も頑張りましょう(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

さて

小清水町リノベーション工事は

解体作業をしながら新設の工事も行っています。

 

 

2個目の玄関の基礎工事をしました。

 

 

 

まだ、イメージはわかないと思いますが

楽しみですね!!!

 

 

玄関といえば、ドアがお家の顔とも言われています。

 

最近の玄関ドアは、木目調のデザインが人気で

みなさんよく採用されています。

 

 

玄関ドアは、窓と同じように断熱性能も考えます

 

 

弊社の夢育の家シリーズでは

LIXILのジエスタ2

 

 

4倍断熱の家 Yksiシリーズでは

LIXILのグランデル

 

 

4倍断熱の家 WOODICOシリーズでは

ナガイの無垢材建具

 

を標準採用として扱っています。

 

 

基本的におすすめしたいのは、

ガラス無しのタイプ。

 

ガラスなしをおすすめしたい理由は、

なるべく結露をさせないようにするためと

断熱性能を下げないようにするため。

 

 

それと引き戸ではなく開き戸。

引き違いのドアだと気密性が悪くなってしまうので、

開き戸の気密性がいいものを。

 

住宅性能を一番に考えると、

玄関を寒くさせないためだったり

建物自体の性能を上げるために

ガラスなしのタイプを採用してほしいと思います。

 

 

 

ガラスがなしのタイプでも

何種類かとカラーがたくさんあるので

外壁と合わせながら選ぶといいです!!

 

 

それではまた(^^)/~~~

 

 

 

弊社でご提案している住宅のシリーズをご紹介します!

【4倍断熱の家シリーズ・夢育の家シリーズ 】

 

今まで建設させて頂いたお家のお写真です!

【施工事例】

 

おうちのことならなんでも

【ハウスマン】

 

 

 

 

 

2019.12.3 昔建てた家を今の技術でもっといい家に*part.1*

 

 

 

こんにちはー!

 

 

 

 

先週から小清水町で大型のリノベーション工事が始まっています!

 

 

 

 

工事内容は

間取り変更、水回りの新設、サッシの入替などのフルリノベーションになります。

 

 

中でもお客様の1番のご希望は

”寒くない家にすること”

 

 

やっぱり北海道の住宅の悩みというと

「家が寒い」というのが1番多いですよね。

 

 

”寒くない家”にするために 断熱改修 をしていきます。

 

 

こちらは今日の解体状況。

 

奥に見える黄色いのがグラスウールという断熱材。

この断熱材も全て新しくしていきます。

 

寒くない家にするためには、断熱改修だけをすればいいのではなく、

気密性も高めることが大切です。

 

 

気密とは、住宅全体の隙間をできるだけなくし空気の流れを遮断すること。

住宅の外と内の空気の出入りをできる限りなくすことが大事です。

 

 

そのためには、部材同士の隙間を無くしたり

気密シートの施工をしっかりとしていきます。

 

 

 

2階の間取りが大幅に変わるため、

1階→基礎へ加わる重さが変わってきます。

 

なので

もともとある基礎には補強工事をしていきます。

 

 

こちらは、1階の床を取り外した既存の基礎の状態です。

住宅を建ててからは、なかなか見ることもないですよね。

 

 

 

こちらの工事状況を完成までお届けしたいと思います☆

 

 

リフォームやリノベーション工事で

わからないことや相談したいことがあれば

いつでもお気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

 

過去にアパートの1室をリノベーション工事した

施工事例はこちらから

 

 

 

それでは、またご紹介していきます(^^)/~~~

 

 

 

弊社でご提案している住宅のシリーズをご紹介します!

【4倍断熱の家シリーズ・夢育の家シリーズ 】

 

今まで建設させて頂いたお家のお写真です!

【施工事例】

 

おうちのことならなんでも

【ハウスマン】

人と家計にやさしい『4倍断熱の家』 4つのお約束 施工事例 プラン・価格 光輝建設のシ・ゴ・ト お客様の声
  • イベント情報 ハウスマン Q&A 光輝建設株式会社のZEH計画における取り組み 光輝建設株式会社の不動産情報 リフォームリノベーション リンク 北海道ビルダーズ協会 きた住まいる 日本VOC測定協会 網走市子育て世代向け支援制度 ダミー